定義・略語

本マニュアルで使用している定義や略語について記載します。

定義・略語一覧

エッジ

My-IoTエッジのことです。

エッジアプリ

エッジアプリケーションのことです。

エッジアプリケーション

エッジアプリケーションとは、My-IoTエッジ上にインストールされ動作するアプリケーションのことです。 エッジアプリケーションは、Node-REDで構築されたNode-REDフローと呼ばれるアプリケーションと、その他スクリプトなどのコンポーネントから構成されています。
開発者はエッジアプリケーションを開発し、IoTストア上で公開することができます。
エッジアプリケーション を参照してください。

エッジプログラム

エッジアプリケーションの一部で、Node-REDフローと同時にインストールすることのできるプログラムです。
エッジプログラムとNode-REDフローを連携させて動作させることで、複雑な処理や既存のアプリケーションを利用することが可能となります。
エッジプログラム を参照してください。

カスタムLambda

クラウドアプリとして動作する、開発者が開発したLambdaのことです。

クラウド

My-IoTクラウドのことです。

クラウドアプリ

クラウドアプリケーションのことです。

クラウドアプリケーション

クラウドアプリケーションとは、My-IoTクラウド上にインストールされ動作するアプリケーションのことです。
カスタムLambdaやCloudFormationファイルなどのファイルから構成されています。 クラウドアプリケーション を参照してください。

コネクタ

コネクタとは、JSONスキーマによって定義されたデータ形式(インターフェース)のことです。 エッジアプリケーションが送信するデータの形式と、クラウドアプリケーションが利用するデータの形式をコネクタによって定義します。
コネクタをアプリケーションに設定することで、同じコネクタを使用しているアプリケーション同士で共通してデータを扱うことが可能となり、システムを構築することが可能になります。
コネクタ を参照してください。

システムパッケージ

システムパッケージは、My-IoTに公開されているエッジアプリケーションとクラウドアプリケーションを組み合わせたシステムの単位です。
利用者はシステムパッケージを作成することでIoTシステムを構築することができます。
システムパッケージ を参照してください。

テナント

My-IoTコンソーシアム入会時に、契約ごとに用意されるリソースを管理するための単位です。
My-IoTでは、My-IoTアカウントやMy-IoTエッジなどをテナントに紐づけて管理します。
テナントとテナントID を参照してください。

テナントID

テナントごとに発行される、テナントおよびリソースを識別するためのIDです。
テナントとテナントID を参照してください。

IoTストア

IoTストアは、My-IoTを利用するためのWebアプリケーションです。
ブラウザでIoTストアにアクセスすることで、利用者はMy-IoTエッジの管理やIoTシステムの構築を行うことができます。
開発者は、IoTストアに公開されるアプリの登録や管理を行うことができます。
IoTストア を参照してください。

My-IoTエッジ

My-IoTエッジOSがインストールされた、Raspberry Piなどのデバイスのことです。

My-IoTエッジOS

Raspberry Pi OSなどのOSを基に、My-IoTエッジとして動作するために必要なモジュール(Node-RED環境やMy-IoTクラウドとの通信モジュールなど)があらかじめ組み込まれた専用OSです。

My-IoTクラウド

IoTストアや、My-IoTデータストア、クラウドアプリケーションなどが動作している、My-IoTとしてサービスを提供しているバックエンドのことです。
My-IoTクラウドはAmazon Web Services(AWS)のサービスを利用して構築されています。