My-IoTデータストア仕様

My-IoTデータストアは、AWS Elasticsearch(以下 ES)を使用しています。
My-IoTにおけるESの仕様は下記のとおりです。

ESには、ユーザーが送信したデータが下記の仕様で格納されています。
データはテナントIDごとに受信した日付別に格納されています。

プロキシアプリケーションや、クラウドアプリから myiot-rel-es-access-lambda 関数を使用してESにアクセスする場合は、下記仕様に従ってデータを検索してください。

ESへアクセスするためのプロキシアプリケーションの仕様や、 myiot-rel-es-access-lambda 関数についての詳細は、My-IoT ユーザーマニュアル共通リソースの利用方法(API仕様など) を参照してください。

Elasticsearchバージョン

7.10

インデックス名規則

テナントID_YYYY.MM.DD

データ形式

エッジから送信され、ESに格納されたデータには、必ず下記のプロパティが含まれています。

  • connectorID

    • データ送信元のエッジアプリに設定されているコネクタID

  • edgeID

    • データ送信元のエッジID

  • timestamp

    • データを送信した日付。ISO 8601(JST, ミリ秒)形式のタイムスタンプ

      • 例: 2021-01-31T12:00:00.000+09:00

クラウドアプリでデータを取得する場合は、クラウドアプリに設定されているconnectorIDを指定して検索を行うことで、同じコネクタを使用しているエッジから送信されたデータを検索、取得することができます。

データ保存期間

My-IoTデータストアに蓄積されたデータの保存期間は7日間となります。
保存期間を過ぎると自動でデータは削除されます。