用途別のクラウドアプリケーション構築

本章ではクラウドアプリケーション内で構築するパターン(構成)について、使用用途に応じた説明を行います。

注意

パターン3、4、5は現在未対応です。対応につきましては、2022年以降を予定しております。