My-IoTが提供する共通リソース一覧

プラットフォーム概要に記載されている図のうち、My-IoTが提供し、開発者が共通して利用するリソースについて、その用途と説明を以下に記載します。

エッジアプリケーションから登録されたIoTデータの利用

No.

サービス

用途

説明

1

Elasticsearch

IoTデータの蓄積/検索

ドメイン名:myiot-sensor-data
エッジアプリケーション(IoTセンサー等)から送信されたデータを登録し蓄積するMy-IoTデータストア。
No2のアクセス用Lambdaから蓄積データの検索等を行う。
クラウドアプリケーションの開発では、No2のアクセス用Lambdaを利用してアクセスする。

2

Lambda

IoTデータへのアクセス

Lambda関数名:myiot-rel-es-access-lambda
No1のElasticsearchへのアクセスに利用するLambda。
カスタムLambdaから、このLambdaに実装された機能を実行し、Elasticsearchのデータへアクセスする。
※Elasticsearch内のIoTデータは、テナントIDと登録された日付ごとにそれぞれ別のIndexに分かれて登録されている(例:{テナントID}_YYYY.MM.DD)

イベントの登録

No.

サービス

用途

説明

3

DynamoDB

イベントデータの管理

テーブル名:sip-sample-event-dynamodb
各種イベントのトリガーとなるデータを管理するDynamoDB。
No1のElasticsearchから取得した情報が一定の条件に達した場合等に、このDynamoDBにデータを登録することでイベントを発生させることができる。
No4のイベントデータ登録用Lambdaからイベントデータの登録を行う。
クラウドアプリケーションの開発では、No4の登録用Lambdaを利用してアクセスする。

4

Lambda

イベントデータの登録

Lambda関数名:myiot-rel-dynamodb-access-lambda
No3のDynamoDBにイベントデータを登録する際に利用するLambda。
カスタムLambdaから、このLambdaに実装された機能を実行し、DynamoDBへイベントデータを登録する。

イベントの制御

No.

サービス

用途

説明

5

Lambda

イベントデータの制御

Lambda関数名:myiot-rel-dispatch-event-lambda
カスタムLambdaに通知する際に利用するLambda。
No3のDynamoDBからイベントデータを受け取り、カスタムLambdaに通知する。

6

Lambda

IoT Coreへのメッセージ送信

Lambda関数名:myiot-rel-publish-mqtt-lambda
No7のIoT Coreにメッセージを送信する際に利用するLambda。
カスタムLambdaからメッセージを受け取り、MQTTプロトコルを用いてIoT Coreに送信する。

7

IoT Core

エッジアプリケーションへメッセージの送信

クラウドからエッジアプリケーションへメッセージを送信する際に利用する。
No6のLambdaからメッセージを受け取り、エッジアプリケーションへメッセージを送信する。
クラウドアプリケーションの開発では、No.6のメッセージ送信用Lambdaを利用してメッセージを送信する。